Thunderbird 1.5から2.0へ移行

Thunderbird 2.0がとうとう正式公開されましたね。
1.5は2007/9までのサポートになるので、今のうちに移行した方が良さそうです。

[ Thunderbird ]

移行は簡単

tb1.png
まず、1.5とは別のフォルダにインストール。
メールデータの移行しきゃなーと思ったら、自動的に1.5のデータをインポートしてくれました。

ただ、一部のアドオンは使用不可に。

1.5から変わった部分

tb2.png
2.0から追加された新機能は以下の通り。

  • 話題のタグ機能は、Becky!のカラーラベルとほぼ同じで使いやすい。
  • すべてのフォルダの右にある矢印アイコンをクリックすると、未読・お気に入りの切り替えが可能。
  • ブラウザのようにメッセージの表示履歴をさかのぼれる。
  • Gmailが簡単にThunderbirdで使えるように。(要Gmail側でPOP設定)
  • フィッシング詐欺メール警告、学習型迷惑メールフィルタが搭載。

Thunderbirdのオススメ拡張機能アドオンのリスト

tb.png

拡張機能アドオンのインストール方法

  • アドオンの.xpiファイルを、インストールフォルダにある extensionsフォルダにダウンロードして再起動すると、インストールウィンドウがポップアップされます。
  • 例:C:\Program Files\Mozilla Thunderbird\extensions

おすすめThunderbirdアドオン

  • MinimizeToTray
    • 最小化したときにタスクトレイにアイコンを表示する。
  • Headers Toggle
    • (h)キーでメールヘッダーの詳細表示切り替え。
  • header scroll extension
    • メールヘッダーにスクロールバー表示。
  • Display Mail User Agent
    • 受信したメールの送り主が使用しているメーラーがアイコンで表示される。
  • QuoteCollapse
    • 元メールの引用を折りたたんで表示。

Gmailを経由してメールスパムを減らす

プロバイダーのスパムフィルターは話にならないし、Yahooメールなども一部はフィルタリングしてくれるけど、設定が面倒なクセにかなりの数が網の目を抜けてきます。

Gmailのスパムフィルターはかなり強力で、特に設定しなくてもスパムは殆どゴミ箱行きにしてくれるほど。Gmailをスパムフィルターとして使うことで、メールを受信するのが苦痛じゃなくなるはず。

ここではYahooメールを使った場合の説明ですが、メール転送さえできればどこでも応用できます。

Gmailのアドレスにメールを転送する

site00605.png
メールオプション>POPアクセスとメール転送から、Gmailアドレスに転送設定する。

Gmailの設定

site006081.png
アカウントの設定から、他のメールアドレスを追加にYahooメールアドレスを追加。
デフォルトに設定して、常にデフォルトのアドレスから返信にチェック。

site006021.png
次にメール転送とPOPの設定。

webメールとして使うなら必要ありません。あとはGmailからyahooアドレスとして受信・送信が行えます。

メーラーで受信・送信するには、POPを有効にします。

Becky!の設定例

site006031.png

site006041.png

その他メーラーの設定例

ポート25のブロックにGmailで対応する方法

メールスパムの増加から、プロバイダが次々にSMTPポートの25番のブロックを初めたため、メール送信がそのままの設定では出来なくなりました。

25番の代わりにサブミッションポートを用意していたりするようですが、なんとなくややこしいのと、こちらに来るスパムが減るわけではないので、スパムフィルタが強力なGmailを経由させることで、メール送信とスパム対策を一度にするという方法を取りました。

プロバイダー側の設定

あらかじめ、Gmailのアドレスを作成してから、プロバイダのメールをそのアドレスに転送できるようにプロバイダのサイトから設定しておきます。

Gmailの設定

site00602.png
ログイン後、設定>メール転送とPOP設定からPOPを有効にします。

site00608.png
アカウントの設定から「他のメールアドレスを追加」で、プロバイダメールアドレスを追加してデフォルトに設定します。これで、メールアドレスそのままで受信送信が可能に。

メーラーの設定

以下はBeckyの設定方法です。
その他のメーラーを使用する方法は Gmailメール クライアントの設定リスト

site00603.png
POP3サーバーとSMTPサーバーの設定を変更。

pop.gmail.com
smtp.gmail.com

メールアドレスはそのままで、ユーザーIDなどはGmailのものに変更。

site00604.png
ポート番号などを画像のように変更。

メール送信時にエラーが出ますが送信は完了しています。

[ Gmail ]