ポート25のブロックにGmailで対応する方法

メールスパムの増加から、プロバイダが次々にSMTPポートの25番のブロックを初めたため、メール送信がそのままの設定では出来なくなりました。

25番の代わりにサブミッションポートを用意していたりするようですが、なんとなくややこしいのと、こちらに来るスパムが減るわけではないので、スパムフィルタが強力なGmailを経由させることで、メール送信とスパム対策を一度にするという方法を取りました。

プロバイダー側の設定

あらかじめ、Gmailのアドレスを作成してから、プロバイダのメールをそのアドレスに転送できるようにプロバイダのサイトから設定しておきます。

Gmailの設定

site00602.webp
ログイン後、設定>メール転送とPOP設定からPOPを有効にします。

site00608.webp
アカウントの設定から「他のメールアドレスを追加」で、プロバイダメールアドレスを追加してデフォルトに設定します。これで、メールアドレスそのままで受信送信が可能に。

メーラーの設定

以下はBeckyの設定方法です。
その他のメーラーを使用する方法は Gmailメール クライアントの設定リスト

site00603.webp
POP3サーバーとSMTPサーバーの設定を変更。

pop.gmail.com
smtp.gmail.com

メールアドレスはそのままで、ユーザーIDなどはGmailのものに変更。

site00604.webp
ポート番号などを画像のように変更。

メール送信時にエラーが出ますが送信は完了しています。

[ Gmail ]