Windows 8/8.1でシステムのバックアップを取る

Windows 8/8.1には、システムやファイルをイメージでバックアップできる機能が備わっているので、高価なサードパーティ製アプリも、時間のかかるファイル単体でバックアップをとるミラーリングアプリも必要ありません。

これは、Windows 8/8.1の数少ない利点といえます。

バックアップイメージを保存できるストレージは、内蔵ストレージでもUSBメモリでも外付けHDDでも構いません。

さて、その方法ですが、まずはコントロールパネルを開きます。

次に、システムとセキュリティの項目にある「ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存」を開きます。

左下にある、システムイメージバックアップを開きます。

バックアップイメージの保存先を選択します。

システムの他に、各パーティションもバックアップ可能です。

今回は、システムだけのバックアップとしました。

後は、自動的にバックアップイメージが作成されます。
WindowsImageBackup」というフォルダがそれです。

バックアップしたイメージからの復元方法

システムに異常が発生した場合、以下の手順でバックアップしたイメージから復元が行えます。

  1. 起動ディスクで起動
  2. トラブルシューティング > 詳細オプション > イメージでシステムを回復 を選択